四国老人福祉学会第28回大会 守里苑が「最優秀学会賞」を受賞

2008年11月11日

認知症と共に活き活きと暮らす
~認知症発症者が主になり運営する朝市・地域食堂~

受賞記念写真(守里苑スタッフ)

2008年11月8日(土)・9日(日)の両日、四国老人福祉学会第28回大会が、徳島県徳島市の医療法人 平成博愛会 博愛記念病院にて開催されました。メインテーマ「尊厳あるターミナルケアの実現」に沿って発表が行われ、約200名が参加しました。

特別養護老人ホーム守里苑は、半固形ミキサー食の導入について野上貴史副施設長が発表を行い、最優秀学会賞をいただきました。

ウィンドウを閉じる