• 特別養護老人ホーム、デイサービス、グループホーム、ショートステイ等の事業を通じ、一人ひとりと丁寧に関わる認知症ケアに力を入れています。
  • お問い合わせ

社会福祉法人守里会

四国新聞連載コラム

2017/10/13
「ダメージ」
「ダメージ」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 人には 自衛する本能が あるという。 環境が変わると 何だか居心地が悪くなる、って経験 ありませんか? 初めての場所 初めての顔ぶれ 初めての事。 お互いに探り合って けん制し合って 何となく距離をおく。 けれど こんな事では いつまで経っても馴染めない!と 奮起して中に入ってみる 声を掛けてみる、やってみる。 すると案外、何て事はない。 これも一種の 自衛本能なんだろうか?? 年をとると そのダメージが大きくなるので なるべく 環...
2017/10/06
「キラキラ」
「キラキラ」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 先日 女子高校生と話す機会があった。 色々意見交換した後 「社会人になったら  どんなことにチャレンジしたいですか?」と 聞いてみた。 すると 「仕事しながら、頑張って保育士の資格を取りたいんです。 子どもが好きだし、自分を育ててくれた恩返しもしたいし。」と 笑顔で話しくれた。 ん? 何かこの目 見覚えがあるぞ・・・ そうだ! 「どや顔」のお年寄りと一緒の眼だ!! 年をとっても 社会の一員であることには 間違いなく いろんな事にチャ...
2017/10/01
「稲穂」
「稲穂」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 稲の花が咲き 稲穂には 米の粒がこぼれるように実り 日に日に熟していく 刈り入れを間近に控え 台風の襲来に備える 稲穂の重みとともに 深みをます秋 暑さも和らぎ 爽やかな陽気に包まれるなか 空には 夏に大暴れした雷雲に代わり もこもことひろがる うろこ雲 『此秋は何で歳よる雲に鳥』 芭蕉 生前最後の旅に出た芭蕉 江戸、東海道を経て大阪へ 今年の秋は どうしてこんなに年老いた気持ちが するのだろう 雲に消え入ろうとする鳥に 自らを独白し...
2017/09/29
「季節を感じて」
「季節を感じて」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ だいぶ涼しくなってまいりましたが 皆様いかがお過ごしでしょうか? 季節の移り変わりも目まぐるしく 朝夕は随分過ごしやすくなりましたよね。 夏が終わり 冬を迎える準備にはまだ早い 何となく中だるみなある日 自室でパソコンに向かい 無心にキーをたたいていると どこからかセミの鳴き声が 聞こえてくるではありませんか。 無学なもので セミは盛夏に7日だけ生きられると 思い込んでいる私は 「今頃、目覚めるなんて  どんくさいやっちゃ」と 心の...
2017/09/22
「ことわざ」
「ことわざ」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ AさんとBさん お二人ともに家事をするのが 好きなようです。 しかし Aさんが洗い物をしていると 「私がするから、そこに置いといて!」 そうすると、もう一人のBさんは 「私がしているんだから、触らないで!」 といつもの小さいケンカが始まる・・・。 こっそりと 愚痴を聞いてくれる職員のところに行き 耳元で 「あの人!がいなで!ほんま嫌やわぁ~!」 と愚痴をこぼされる。 ちょっと他事をしていて その場に戻ってくると なぜか 二人で協力...
2017/09/15
「二度あることは・・・」
「二度あることは・・・」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 嫌なことが二度続いた。 気は滅入るし 何だかフワフワして 落ち着かない。 そういえば昔 「知人が二度続けて事故にあった」と 話していると 近くにいたお年寄りが 「もう一回、転んどき」と 唐突に話しかけてきたことがあったな。 「な、何で?」と 聞き返すと 「二度あることは三度あるって言うじゃない。  大きな事故にあってからじゃ遅いわよ」と 心配そうに返してくれた。 昔の人は上手いこと言うもんだ。 気持ちの問題かもしれな...
2017/09/08
「三日坊主」
「三日坊主」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 私はそんなに 信心深い方ではない。 神社に行くのは 年明けの初詣か 観光のお付き添い。 けれど 何か困ったことがあったり お願い事があると 必ずお参りするのが 施設の敷地内にある 「守里大明神」。 地域の人たちが 大切に祀っていた神様で 毎年春には例祭を行い 一年の無事をお祈りする。 私は困ったことが起きると お参りしながら 「困った時だけ、神頼みかよ」と 心の中で反省し それじゃあダメだ、と しばらくは努力を続けるのだが それもい...
2017/09/03
「ひとつ ひとつ」
「ひとつ ひとつ」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 夏を前にやってきた カブトムシのペア 食欲旺盛な雄 高タンパクゼリーの消費が増す 雌は、土中に隠れたまま 姿を見せず 夏の盛り上げに一役  蝉の鳴き声が高まったころ 十数匹の幼虫を発見 親指大の幼虫がうごめく姿に 驚愕するも 来夏を目指し、 しっかり育ててみよう ますます、エンゲル係数は高まるばかりか 受験生の皆さん  進路選択の大切な時 いかにすごしてまいりましょうか ひとつ ひとつ 毎日が ひとつ ひとつ あわい桜の花びら...
2017/09/01
「親心」
「親心」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 「今日、帰らせてくれますか」と その女性。 「どうかしましたか」と 尋ねると 「主人と息子達が  家で私の帰りを待っているの。  私以外、男ばかりだから、  私がいないと何もできないの。  今頃、みんな困っているはず。  息子のお弁当も作らないと  可哀想だから。」と 心配そうに答える。 「おうちのことは全部  準備されてから  ここに来られているので  皆さん喜んでおられました。  大丈夫ですよ」と お伝えすると 「良かった」と安心...
2017/08/08
きょう なにするん
迫りくる秋を呼ぶ蝉の鳴き声 真夏の太陽に向けてひろがる向日葵 水しぶきと歓声に沸く保育所のプール 所庭には、たくさんの夏野菜 その茂みには、暑さに勝る虫たちの姿 来夏へ向けて蜜をほおばる 幼虫から成虫へと育ったカブトムシ さてと 夏の暑さと話題にあふれる保育所 そんな保育所に今春から 未来の保育士を目指す学生さんが来ています。 昼間は、保育所にて、環境を整え、 保育士や子どもたちの補助をしてすごします。 はじめは、慣れない中、一日一日をすごすことに 随分と苦労したり、悩んだことでしょう。 時は経ち...