• 特別養護老人ホーム、デイサービス、グループホーム、ショートステイ等の事業を通じ、一人ひとりと丁寧に関わる認知症ケアに力を入れています。
  • お問い合わせ

社会福祉法人守里会

四国新聞連載コラム

2017/12/15
「貝殻のかくれんぼ」
「貝殻のかくれんぼ」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 子どもたちは砂場遊びが大好き。 砂は作ったり崩したりが簡単なので、 ごはんづくりから、 大きな山やトンネルをつくる大型工事など 思いのままです。 たとえ自分の思いと違う形になったときでも 作り直すことが簡単なので、 年齢に関係なく 思う存分遊びを楽しめます。 先日、2歳のユウちゃんとナアちゃんが 砂を手に取り、砂の感触を楽しんでいました。 「あ、み~つけた!先生見てみて」 とユウちゃん。 なになに? じっくり見るとそこには、 まるで...
2017/12/08
「笑ってはいけない」
「笑ってはいけない」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 毎朝、9時を過ぎると 玄関先に停まる数台の福祉車両。 その車たちからゾロゾロと その日の利用者が降りて来られる。 その女性の必須アイテムは シルバーカー。 ご自分の身体ほどもある そのシルバーカーは 使ってんだか、使われてんだか よく分からない。 今朝もゆっくりと そのシルバーカーを押しながら 歩くのだが、 どうしても右へ右へと それがちだ。 なので、私たちは 「左・左」と声を掛ける。 「そうね、そうね」とその女性、 苦笑いしながら修...
2017/12/03
「どっどど」
「どっどど」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ どっどど どどうど どどうど どどう 青いくるみも吹きとばせ すっぱいかりんも吹きとばせ どっどど どどうど どどうど どどう — 宮沢賢治『風の又三郎』 冷たさの増す冬空を見上げると この「どっどど」がめぐってくる。 風と共に何かを予感させる。 山間にある小学校に転校してきた ひとりの小学生と村の子どもたちとの 十二日間の物語。 共同体の成員からみた、 外部からの訪問者。 既成の共同体に溶け込めず はじき出されることもあるだろう。 一方...
2017/12/01
「2人で雑巾がけ」
「2人で雑巾がけ」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 5歳児のクラスは 毎日給食後に掃除をします。 当番制で グループごとに 自分たちの部屋はもちろん 隣の広い遊戯室や 事務室まで続く長い廊下などを きれいにしてくれています。 事務室までの廊下の拭き掃除を 担当しているのは 最近は ユウくんとコウくんの2人組。 スタートとゴールは 自分たちの部屋の前 事務室の前が ちょうど折り返し地点で 四つんばいの姿勢で雑巾に手を置き す~いすいとやってきて また戻っていきます。 2人は 廊下をきれい...
2017/11/24
「サンマ」
「サンマ」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ ある日の事 テレビで 正しいサンマの食べ方なるものを レクチャーしていた。 私は、骨がたくさんある魚は大の苦手で サンマは年に2、3度しかお目にかからない。 ご存知ですか? サンマの正しい食べ方。 1匹丸ごとの場合は 左に頭 まず身の中央を箸の先で筋を入れる。 そして上側の身 下側の身と食べ進む。 表面が食べ終わっても ひっくり返すのはご法度。 もちろん 骨のすき間から 骨の向こうの身を ほじくり出すのもマナー違反 骨をそのままきれい...
2017/11/17
「お待ちかね、お菓子の交換タイムがやってきた!」
「お待ちかね、お菓子の交換タイムがやってきた!」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 「ほらほら、 クーちゃんに早くお菓子を持って行ったら」と 前方から 5歳児のトウくんのお母さんの声が聞こえる。 今日は親子遠足。 お弁当を食べ終わったら お楽しみのおやつタイムだ。 子どもたちは持参したお菓子を 友達と交換するらしい。 トウくんははにかみながら クーちゃんの姿を探している。 クーちゃんは柔らかな笑顔の女の子。 男女ともに友だちは多い。 そうか トウくんはクーちゃんのことが気...
2017/11/10
「傘寿」
「傘寿」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 最近 本屋さんである漫画を購入した。 かわいらしい老女が ニコニコと笑っている表紙に心引かれ 何となく 買っちゃった感じ。 その漫画は 80歳の老女が家出し 恋をしたり ネットカフェを利用したりするお話。 お年寄りの皆さまに囲まれて生活している私には とても興味を引かれる内容で 夜を徹して 一気読みしてしまった。 主人公は家出し いろいろ経験する。 プリクラを撮ったり SNSを利用したり ゲームで遠くの若者と対戦したり。 どれも、 世の中の皆...
2017/11/05
「近づくんだなあ…」
「近づくんだなあ…」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ このところ 各地で「1000日」の文字を 目にするようになった。 どうやら 2020年 東京オリンピックへの カウントダウンの様子である。 アスリートにとって 夢の祭典である。 まてまて 祭りにして出場することにより 夢を叶えたとするなら 金メダリストにはなりえない。 開会式 競技日程を目論見 決勝の舞台を想定し すでに逆算されたスケジュールに 身をゆだねている世界中の選手たち。 もちろん、ハードな地域 国内予選を勝ち抜いたものに...
2017/11/03
「コン、コン、コンは何の音?」
「コン、コン、コンは何の音?」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ コン、コン、コン、コン……!  ん? どこかで聞いたことのある音がするよ。 お昼寝も終わった午後、 外遊びを楽しむ子どもたちでいっぱいの 保育所の庭から聞こえてくるこの音、 これは獅子舞のおはやしの音に 似ているような……。 庭に出てみると 砂場の横の木の下でハヤトくんが 古いアルミ製のお鍋をたたいている。 近づいて「お獅子の音?」と尋ねると 「うん!」と 目を輝かせながら力強い返事。 担任の話では お獅子が大好きで 鍋を...
2017/10/27
「気分上々↑↑」
「気分上々↑↑」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ ヘッドフォンで音楽を聴きながら 鼻歌を歌っていると いつの間にか 声が大きくなって その大きさに 本人は全く気づかず 恥ずかしい思いをしたって経験 ありませんか? 今回は その鼻歌のお話。 おっきな音や話し声 とにかく騒々しいのが 全く苦手な女性Aさん。 なので 周りの人たちは いつも耳元で小声で話をします。 もう一人の登場人物Bさん。 何か良いことがあったのか 今日は朝から鼻歌交じりで上機嫌。 何の歌だか 聞き取れるくらいの声で 気...